寒い冬場にグリーンスムージーを飲むと危ない?

寒い冬場にグリーンスムージーを飲むと危ない?

グリーンスムージーは美容・健康にオールマイティに効く、どんな人にもお勧めできる健康ドリンクです。しかし、一つ気をつけなければならない点があります。

 

冬場に飲むのは控えた方が良い、あるいは工夫しなければならないと言う点で、理由は単純明快、お腹を冷やしてしまうからなのです。

 

グリーンスムージーは豊富な食物繊維で高い整腸効果が見込めますし、お通じの改善にも役立ちます。さらに生の酵素を摂取できることで体のエネルギー代謝を高め、基礎代謝を向上させることで痩せやすい体を作ります。

 

しかしこの代表的なグリーンスムージーのメリット二つは、お腹を冷やしてしまうと全く効果なしになってしまいます。お腹が冷え体の中心温度が下がると、内臓の働きが鈍り、腸のぜん動運動(便を奥に送り出す動き)が鈍くなり逆に便秘の原因になってしまいます。

 

また消化も悪くなるため、腸内での雑菌繁殖の原因になり、整腸作用どころか腸内環境の悪化に繋がります。また、中心温度の低下が基礎代謝にマイナスの影響を及ぼすのは、言うまでもありませんね。

 

冬でもグリーンスムージーを飲みたいと言う場合、人肌程度に暖めていただくのが良いでしょう。鍋などでぐつぐつ言うほど熱してはいけません。グリーンスムージーの豊富な水溶性ビタミンや、生野菜に含まれる酵素が一気に失われてしまいます。

 

スムージー粉末ならぬるま湯で溶くだけですので簡単ですね。生のスムージーなら、面倒ですが湯煎するなど工夫して暖めましょう。