便秘中の腸内環境の状態は?

便秘中の腸内環境の状態は?

腸内の環境は可能な限り整えておくべきだと言われています。腸内環境が整っていないと便秘を筆頭に良いとは言えない健康状態に傾くからです。便秘も人によっては深刻な悩みとなりえますがそれよりも大腸ガンという大きなリスクが発生しかねないので腸内環境は是非とも整えてください。

 

とはいえ、便秘のような自覚できる症状が現れていないと自分の腸内環境が整っているか否かはなかなかわからないものです。自分の腸内環境を知る目安になるのが便の状態です。

 

便はある程度はにおいを伴う物ではあります。ニンニク等のにおいがきつい食べ物を食べた影響でくさくなることもありますよね。

 

しかし、腸内環境が整っている時の便はさほどくさくないんです。逆に言うと、ニンニクを食べたなどの理由もないのにイヤなにおいを発する排便が続くようなら腸内環境は良くないと言えます。それと、色や形も指標となります。

 

健康な便は適度にやわらかく、それでいて、やわらか過ぎない適度な硬さです。色は黄色から黄褐色ぐらいの色合いが理想的とのこと。硬い便やウサギのウンチのようなコロコロ状の便もまた良い腸内環境とは言えません。

 

言うまでもなく、便秘状態の腸内環境は良いはずがありません。便秘ならまず便秘解消に、便秘ではなくとも便の状態が良くない時は腸内環境を整えるように努めてください。

 

善玉菌を増やすラクトフェリンを含むヨーグルトや、善玉菌のエサとなるオリゴ糖、悪玉菌を減らして排便をうながす食物繊維などの摂取が腸内環境を整える第一歩です。