カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドには他のED治療薬とほぼ同じような副作用が存在しています。カマグラゴールドも血管拡張作用があるため、他の薬と同じように動機やほてり、めまい、胃腸の不調などが発現する可能性があります。

 

これらの副作用は血管が拡張しすぎて低血圧が発生することにより引き起こされていると考えられるため、カマグラゴールドの摂取量には気をつける必要があります。

 

カマグラゴールドはクエン酸シルデナフィルの含有量が100mgのものまでありますが、多くの人にとって100mgは過剰です。ほとんどの人にとって50mgで十分であり、実際の所25mgでも十分な効果が得られる人は少なからずいますので、まずは少量から試してみてください。

 

カマグラゴールドだけではありませんが、血管拡張により勃起不全を解消するED治療薬は、生薬などがいろいろ含まれた精力剤の類いとは違い、血管障害によって不全になった勃起力を元に戻す効果はありますが、性欲を増したり元々よりも強い勃起力・固さやペニス増大と言った効果はありません。

 

あくまで狭まって流れが悪くなった血管を広げ正常な血流を取り戻すものですので、過剰摂取しても副作用が強くなるだけで意味がありません。バイアグラの死亡事故も過剰摂取により発生していますので摂取量はくれぐれも守りましょう。

 

また、血管拡張薬であるため、同じような効果を有する降圧剤や血管関連疾患の治療薬と併用すると効果が高くなりすぎて強い副作用が出る場合があります。常飲している薬がある場合は、主治医の判断を仰ぎましょう。